自分の手で処分する。

あおこ

私には、思い入れのある服が一着あります。



思い出がある服なんですが、春夏用の服なので、先日久しぶりに着ました。

シミなのか、小さく変色している部分を発見。



ボタンをブローチのように付けてリメイクするとかしないし、ブローチの卒業したので付けません。

一応ブランドの服なので買取に出そうかと考えましたが、この服ばかりは誰かに着て欲しくない。



ということは、お金になるとかセコい考えは空に放ち、自分の手で処分する事になります。

この選択にすること決めたらスッと不安が消えました。

「大事なものは、自分の手で終わらせる」というのは、凄く納得できる行為なんですね。

もう着ないけど勿体ない、もう着ないけど知らない人に着られるのは・・・という思いがあり、家の中の荷物が減っていないなら、思い切って自分の手で終わらせるのが一番の解決方法だと思います。

\ブログ作成に使っています/
ドメインお名前.com
テーマWordPressテーマ「STORK19」
サーバーエックスサーバー
アイコンcoconala.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です