防災、その時になったらわかること



ミニマリストでもなく、コレクター気質でマキシ体質、ミニマリズムなんて知らなかった時代に、被災しました。


その時、「破壊」にいちいち敏感で、なんならまっすぐ突き刺さってた竹の棒が斜めになっているだけで胸を痛め。


こんな調子だから、メンタルはギリギリ、リュックに荷物を詰め込みすぎて肩と背中を痛めました。


ミニマリストになってから、災害に遭う恐れが出ました。


状況をみて過ごし、「私、変わった」と気付きました

命が奪われたり、道路が壊れたり、住居が流されたりするのは胸を痛めますが、

物がダメになったという事実を受け止めているだけの自分がいました。

なんにせよ、物を持たないが一番です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です