ミニマリストの私が清潔を重視する理由

マフラーや帽子を含めて、約30点で過ごしています。


多いほうと思いますが、洋服が大好きなので、その日の気分で着たい服があります。



どの服もお気に入りですよ。

ですが、気を付けたいのは、点数が少ないからこその清潔感


あおこ

あんまり働いていないので、仕事着は一点。

一回着たら洗うので、

本当の意味で清潔と思っています。





清潔を重視する理由

  1. 清潔というのは自己管理ができる証明になる
  2. 清潔でいると自己肯定感が高まる
  3. 清潔は自分のためではなく、相手のため

自己管理ができると思われると信頼を得やすいと思います。レベルが高い人は更に高く、パッとするステータスがない私も自己管理さえ出来ていれば安心はされます。


日頃のルーズさをみられ、風邪やウィルス系の不調を頻繁に起こしていると、信頼されにくくなってしまいがち。それで、評価が下がるのは勿体ない!



私はメガネをかけているんですが、一心同体のため、メガネが汚れていることに気付かない時があるんですね。そんなとき、しっかり洗ってあげると、背筋が伸びる感覚があります。

メガネも綺麗にして、髪も綺麗、服も綺麗だと、仕事がしっかりできる気分にもなってくるし、良いことだらけです。




一番大事と思っているのは、清潔は自分のためではなく相手のため。表向きは自分のためでも結果は相手のためです。初対面でも相手に不快な思いをさせない、距離が近付けば相手に怪我をさせないために必要です。足の爪が伸びているだけで危ない。


余談ですが、その昔、2万円のチケットを購入して東京で演劇を観ました。一度座ったら立ち上がれないほど距離が密の劇場で、隣の席の男性の体臭がすごかったんですね。




九州住まいの私が東京、2万のチケット・・・それだけで決死の覚悟で最後まで観るべきでしょうが、それが出来ませんでした。休憩タイムに退場。接客のレディーたちに出れば観れなくなることを確認されましたがギブアップでした。


あおこ

清潔感の重要さに気付いたよ。


清潔感をキープするために気を付けること

  1. すでに寿命が好きているのに、破れるまで着ない
  2. 外出着から、パジャマや部屋着に降格しない

寿命の境って見極めるの難しいですよね。私もついつい延長して着てしまいます。




年配の方で、ズボンが破れたらアップリケをつけたり、Tシャツにシミがついたら余っているボタンを縫い付けたりしている人を見かけると、アイデアや物を大切にしているのは凄いなと思いますが、この中ではその話は無い前提で参ります。



外出着を部屋着に降格させると、そのうち混同し始めて、部屋着になったはずのボロボロの服で外出するようになるんですよね。


私は現在、外出着と仕事着は同じ。その中から一点だけ仕事着の組み合わせとして選択しているやり方です。これが一番合っていました。

悩める人

服をこまめに買い替えてたら、ゴミを増やすことに繋がらない?

あおこ

その気持ち、わかるよ。
でも、ミニマリストは元々のゴミの量が少ないんだ。


清潔をキープするための提案するアクション

  1. こまめにヘアカットする。費用や時間が気になる場合、前髪も含め、伸ばして結んで綺麗にする。
  2. こまめにヘアブラッシング。クシさえあれば0円!
  3. マスク顔でも油断せず、鼻毛、ヒゲを切る。
  4. 爪を切る。
  5. 服のサイズ感、パンツの丈を意識。
  6. 靴の汚れ、底のへり感を意識。
  7. 下着は新品状態をキープ。仕事で訪問してきた人に見られても構わないレベルで。

番外編

洋服代を安く済ませながらも清潔感をキープしたい30後半の女性の悩みは、GUの質感や、全身プチプラの抵抗感ではないでしょうか?


個人的には、トップスにしっかりした衣類を持ってきて、下半身はチープでも清潔感があればOKと思っています。


骨格ストレートなので肉厚な生地しか似合わないこともあるので、テロテロな素材も避けています。



あとは、身体がイケていれば、990円のTシャツ、1990円のパンツでもカッコいいです。私もそこを目指します。




清潔で参りましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です