似ているようで似ていないこともあるのね(読んだ本の話)




こちらの本を読みました。





前回読んだ「山奥ニート」と同じく、自分と似ているようで似ていない話でした。





こんな事が続くということは、自分と似ている話は沢山読んだから、違う話に触れなさいということなのか?



新津さん(作者)と同じ方向を向いているようで向いていないのは、終盤で謎が溶けた気がしました。

作者が、「掃除は好きですが、片付けは得意ではありません」と書いてあることで納得しました。

作者のメソッドは、私には無理〜・・・という細かさで、

私の持論は、「片付けが苦手な人ほど面倒くさいことをする」です。(ごめんなさい)


掃除は嫌いだけど片付けはするというのに慣れていると、掃除は好きだけど片付けは嫌いというのは新鮮でした。



出来そうなメソッドは参考にしようと思います。



\ブログ作成に使っています/
ドメインお名前.com
テーマWordPressテーマ「STORK19」
サーバーエックスサーバー
アイコンcoconala.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です