汚部屋には「長い休み」が必要

なぜ、そう思ったか

たいして働いていないワタクシ。

なのに!

この一ヶ月、心身共にハードになってきました。

部屋に何もない私でも、髪の毛が落ちてる率が増え・・・

いつもと違って、休日が続かなくなってきました。

働く、働く、休む、働く、休む感じ。

責任ある、フルタイムの方々からしたら楽勝だと思います。

私は心身のスタミナが少ないので、髪の毛を片付けることしか出来ませんでした。

職場の悩みがなければ、もう少し身体は軽かったかもしれません。

そこで思いました。

あおこ

普通に働いている人が、土日の休みだけで大掛かりな片付けするの無理だわ。

三連休でも厳しいんではないでしょうか?

一日一捨て、一日10分捨ては奥の手

このやり方もオススメですが、基本は片付けが完了した人か、間近の人に有効なやり方なのでは?と思います。

私も汚部屋出身なのですが、それが出来ないから汚部屋になった ことは受け入れないとなと。

お金で解決できる方なら、お金で解決したほうが安いかもしれません。

呪いのように、「片付けないと」って気持ちが心にへばりついてるの辛くないでしょうか

疲れて帰ってきても部屋が綺麗だと気持ちが違いますし。

一度お金で解決してから、一日一捨てを実行してもよいのでは?と思います。

タイミングがいい

この記事を書こうと思っていた時、休みが取れる人は長期のお休みを取って片付けては?と提案するつもりでした

でも、今、多くの方達はお盆休みなんですよね?

これ、すっごくチャンスですよね

こういうチャンスって、多分、年三回くらいしかないんですよね?

お盆休みも始まったばかりですし、本気で片付けたいと思っている方は手放すことから始めるといいと思います。

自分が猛暑と言われた年に大掃除して大変な思いをしたので、猛暑や真夏での大掃除は推奨していませんが、

物が溢れている方は物を選別しているうちに真夏は通り過ぎそうなので、それくらいならいいかなと思います。

住んでいる土地の気温、個人の体力にもよると思いますが。

\ブログで使っているサービス/

ドメインはお名前.com

テーマはWordPressテーマ「STORK19」

サーバーはエックスサーバー

似顔絵アイコンはcoconala.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です