「手放さなかった」後悔は沢山ある

後悔ってしたことがなかった、多分。


沢山の品を手放してから、思い出は言葉の通り、よく思いを馳せることが増えました。


近頃、夜や夜中にチクチクすることが増え、「ああ、これが後悔というものか」と感じています。

その後悔、どんなもの?

  • 不健康な生活と習慣を持っていた
  • 食べ過ぎたこと
  • 本当は仲良くもないのに一緒にいたこと
  • 学びにもならない男を手放さなかったこと

あとは、恵まれていたことに気付かなかったとか、twitterで10代や20代の考えに触れると、37歳の私が気付いたこと、それ以上の気付きを持っているので、若い時になんで気付かなかったんだろと思う。

物だと?

  • とっとと処分すればよかった
  • 役目が終わってすぐ手放せば、誰かに譲れた物があった
  • 掃除と服を畳むのに貴重な休みを一日消費したこと(それでも終わらない)
  • 雑貨の埃取りに明け暮れていた時間

今なら?


不健康な生活と習慣を持っていた →即矯正

食べ過ぎたこと →腹5分目

本当は仲良くもないのに一緒にいたこと →最低限の挨拶と話のみにする

学びにもならない男を手放さなかったこととっとと処分すればよかった →別れる、関わらない

役目が終わってすぐ手放せば、誰かに譲れた物があった →即寄付

掃除と服を畳むのに貴重な休みを一日消費したこと(それでも終わらない) →実は服の片付けが一番簡単。9.5割は即処分。

雑貨の埃取りに明け暮れていた時間 →愛でているものだけ残す



過去はどうにもならないので、これからを考えます。

ミニマリスト生活は私の人生を助けてくれます。

\ブログ作成に使っています/
ドメインお名前.com
テーマWordPressテーマ「STORK19」
サーバーエックスサーバー
アイコンcoconala.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です